So-net無料ブログ作成
検索選択

なぜいじめに耐え抜くことができたか!? その3 第1013号 [L 仕事]

◆リード:
 すさまじいいじめ遭った職場から「転勤」という形でようやく解放された。今の職場も○市の中心校で決して楽な学校ではないのだが、学級担任からはずれており、いじめはなく以前に比べれば極楽である。ようやく体調が復調してきたところで、冷静に当時のいじめをふり返り、その過去を清算しようと思う。

平成26年4月30日(水)

なぜいじめに耐え抜くことができたか!? その3 第1013号

ー職場のいじめ体験記 その8ー

 1年3ヶ月に及んだ職場でのいじめになぜ耐え抜くことができたかついて、前々号では、次にように書いた。

・「職場のいじめに耐えることができた第一の理由は、間違いなくあたたかい家族の支えであった。「家族は、最も身近にある最強のセーフティーネット」であった。」

・前号では、「第二の理由として、真(親)友Tさんの存在(励まし、アドバイス)」をあげた。

 本号では、いじめに耐え抜くことができた第三の理由として、本をあげたい。つまり、書物に記された「先人たちの教え」である。

続きを読む


なぜいじめに耐え抜くことができたか!? その2 第1012号ー職場のいじめ体験記 その7ー [L 仕事]

◆リード:
 すさまじいいじめ遭った職場から「転勤」という形でようやく解放された。今の職場も○市の中心校で決して楽な学校ではないのだが、学級担任からはずれており、いじめはなく以前に比べれば極楽である。ようやく体調が復調してきたところで、冷静に当時のいじめをふり返り、その過去を清算しようと思う。

平成26年4月29日(火)

なぜいじめに耐え抜くことができたか!? その2 第1012号

ー職場のいじめ体験記 その7ー

 前号で1年3ヶ月にわたる職場のいじめに耐えることのできた第一の理由として、あたたかい家族の支えをあげた。

 本号では、第二の理由として、真(親)友Tさんの存在をあげる。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

なぜいじめに耐え抜くことができたか!? その1 第1011号 [L 仕事]

◆リード:
 すさまじいいじめ遭った職場から「転勤」という形でようやく解放された。今の職場も○市の中心校で決して楽な学校ではないのだが、学級担任からはずれており、いじめはなく以前に比べれば極楽である。ようやく体調が復調してきたところで、冷静に当時のいじめをふり返り、その過去を清算しようと思う。

平成26年4月29日(火)

なぜいじめに耐え抜くことができたか!? 第1011号

ー職場のいじめ体験記 その6ー


【1年3ヶ月にわたったいじめ】

 5号にわたって書いてきた「職場のいじめ」、何度も書くが紹介したのはごくごく一部である。なにせ1年3ヶ月にわたって、毎日3回以上は何か事件が起きていたのだ。
 2学期末の学校評価では、職員の何名かが学校の問題点としてあげていたくらいである。

・「ある職員がある職員を指導しているが、職員室の雰囲気を壊しているので、管理職は注意してほしい。」

・「ある職員が指導する言い方がすさまじい。相手の人格を否定するような言い方をすべきではないと思う。」

 当の本人は自分のことだとわかっていたが、いっこうに改める気配はなかった。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

職場のいじめ体験記 その5 第1010号ー管理職に同僚にそして保護者に担任の悪口を触れ回るー [L 仕事]

◆リード:
 すさまじいいじめ遭った職場から「転勤」という形でようやく解放された。今の職場も○市の中心校で決して楽な学校ではないのだが、学級担任からはずれており、いじめはなく以前に比べれば極楽である。ようやく体調が復調してきたところで、冷静に当時のいじめをふり返り、その過去を清算しようと思う。

平成26年4月28日(月)(今日は参観日の代休)

職場のいじめ体験記 その5 第1010号

ー管理職に同僚にそして保護者に担任の悪口を触れ回るー

近況:
 私は、D社に子育て本出版の企画書が受け入れられ、順調に執筆していた。しかし、昨年9月から7か月あまりも執筆どころではなくなった。その最大の原因が、今回で5号目になる職場でのいじめである。
 そのすさまじさのごくごく一部を書いてきたが、子育て本出版に執念を燃やしてきた私をもっても、職場でのいじめは、7か月あまりも執筆の手を止めさせたのだ。
 このシリーズで、いじめの過去を清算し、子育て本の出版という夢の実現のために、5月から決意新たにがんばろうと思う。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

職場のいじめ体験記 その4 第1009号ー子どもに担任批判の手紙を書かせるー [L 仕事]

◆リード:
 すさまじいいじめ遭った職場から「転勤」という形でようやく解放された。今の職場も○市の中心校で決して楽な学校ではないのだが、学級担任からはずれており、いじめはなく以前に比べれば極楽である。ようやく体調が復調してきたところで、冷静に当時のいじめをふり返り、その過去を清算しようと思う。

平成26年4月28日(月)(今日は参観日の代休)

職場のいじめ体験記 その4 第1009号

ー子どもに担任批判の手紙を書かせるー

近況:
 新任校では、少人数指導担当である。1年生や3年生、4年生の子どもたちを見ている。 TTで入ることがほとんどなので、担任の指導が見られることになる。
 当然のことながら、担任によって力量に差がある。
 「こうした方がよい。」と思うこともしばしばある。
 それを全部言っていたのでは、言われた担任もたまらない。ボーダーのところはさておき、「はっきりとこうした方がよい」と思えることのうち、さらにしぼって伝えるようにしている。一つは子どものため、一つは担任のためである。
 この間も、1年生の若い男の先生に、
「先生が担任なんだから好きな方法で指導していいんだけどさ、ひらがな指導では<空書き>のステップを入れた方がいいんじゃない。何度か空書きをさせないと一人一人の実態が見えないでしょう。それに空書きを何度かさせるから、なぞりの回数が少なくてもよくなるんだよ。」

こう言った。1年生の先生は、「そういえば前年度4年生を担任していたときも、漢字練習の際<空書き>させるように言われた」と言っていた。
 いずれにしても、指導方法を決めるのは担任。
 たとえ静かにアドバイスをする場合であっても、子どもの前ではしない。(アドバイスする方が上のように子どもには映る。)
 子どもの前では、担任をほめている。
 「○○先生は、教え方がうまいね。」
 と。まして子どもの前で担任を叱責するなどパワハラ以内の何物でもなく、百害あって一利なしだと思っている。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

職場のいじめ体験記 その3 第1008号ー子どもの前で怒鳴りつけるー [L 仕事]

◆リード:すさまじいいじめ遭った職場から「転勤」という形でようやく解放された。今の職場も○市の中心校で決して楽な学校ではないのだが、学級担任からはずれており、いじめはなく以前に比べれば極楽である。ようやく体調が復調してきたところで、冷静に当時のいじめをふり返り、その過去を清算しようと思う。

平成26年4月28日(月)(今日は参観日の代休)

職場のいじめ体験記 その3 第1008号

ー子どもの前で怒鳴りつけるー

近況:
 当然のことながら、転勤先では二日目にして歓迎昼食会があった。
 
「転入おめでとう!」

その一言が心にしみた。私は職場の人たちと楽しくひとときを過ごした。
 ひるがえって、先週までは、同じ特別支援学級を組む教職員(教諭一人、指導員二人)から誘われることは、転勤先が決まった後でも最後までなかった。いつも私一人を置いて、3人で出かけていた。
 
「ファーザー先生も、紅茶飲みますか。」

「ありがとうございます。じゃあ、いただきます。」

こう言って、紅茶も入れてくれた。心からうれしいと思った。
 ひるがえって、前任校の指導員Aさんは、主任ともう一人の指導員さんには朝よくお茶を出していたが、1年以上も一度も私にお茶を出すことはなかった。
 それどころか、私が旅先で買ってきたお菓子も突き返していた。恐ろしいばかりであった。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

職場のいじめ体験記 その2 第1007号ー指導内容・指導方法への拘束ー [L 仕事]

◆リード:すさまじいいじめ遭った職場から「転勤」という形でようやく解放された。今の職場も○市の中心校で決して楽な学校ではないのだが、学級担任からはずれており、いじめはなく以前に比べれば極楽である。ようやく体調が復調してきたところで、冷静に当時のいじめをふり返り、その過去を清算しようと思う。

平成26年4月28日(月)

職場のいじめ体験記 その2 第1007号

ー指導内容・指導方法への拘束ー

近況:
 転勤先の学校では、特別支援学級担任をはずれ、少人数指導担当となった。
 この学校は、特別支援学級だけでも4学級プラス通級1学級あり、特別支援教育の先進校と言われている。
 教室の様子を少しだけのぞくと、やっぱりというべきか算数教具として20玉ソロバンを使っていた。20玉ソロバンは、くり上がりのあるたし算やくり下がりのあるひき算を教えるのにとても有効な教具である。
 ブロックを使うことに比べて操作しやすく、練習量が10倍多いと言われている、すぐれもの教具である。さすが特別支援教育の先進校だなと思った。

続きを読む


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

職場のいじめ体験記 その1 第1006号ー悪意のある人ー [L 仕事]

◆リード:すさまじいいじめ遭った職場から「転勤」という形でようやく解放された。今の職場も○市の中心校で決して楽な学校ではないのだが、学級担任からはずれており、いじめはなく以前に比べれば極楽である。ようやく体調が復調してきたところで、冷静に当時のいじめをふり返り、その過去を清算しようと思う。

平成26年4月28日(月)

職場のいじめ体験記 その1 第1006号

ー悪意のある人ー

近況:
 19日(土)は
学習参観の後、PTA総会。放課後は、明日の環境整備の仕事の下準備をした。草取り、花壇作り、畝作り、マルチかけなどを予定しているのだが、培養土が注文されていないことが判明。いそぎコメリに発注。7時過ぎ、環境整備部担当の3名(私を含む)でコメリに取りに行く。その数、50袋。トラックを借りて運び、また返すなど、結局8時過ぎの退勤となった。
 翌20日(日)は、環境整備部の3名は、早朝5時15分出勤。5時30分にPTA環境整備部の保護者たちが来る前に下準備をした。牛糞を運んだり、説明のためのホワイトボードを用意したり……。
 6時からは、PTA(約50名)&○小の職員(約40名)も集まり、説明の後、環境整備作業が始まった。草取り、耕しと牛糞うめ、さらに畝作り(ジャガイモ用、サツマイモ用、ヘチマ用……)、マルチがけ……。終わりは8時過ぎであった。
 結局土日も出勤となり、休みなしであるが、それでも前任校よりもはるかに居心地がよい。いじめ抜かれた前任校では、いつもへとへと状態の帰宅であった。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

書斎をストレスフルな空間から快適な空間に変える! 第993号ーこんまり流の手順で、書斎を「成功空間」に変えた!ー [L 仕事]

◆リード:冬休み中、約1週間にわたって書斎のそうじを実行した。ねらいは、書斎の「成功空間化」である。それを達成した今、書斎がこれまでいかにストレスフルな空間であったかを実感している。書斎をストレスフルな空間から快適な成功空間に変えた実践記。

平成25年12月28日~1月4日  
書斎をストレスフルな空間から快適な空間に変える! 第993号

ーこんまり流の手順で、書斎を「成功空間」に変えた!ー

近況:一足先に『毎日がときめく片づけの魔法』を読む
 サンマーク出版常務取締役編集長の高橋朋宏さんから、店頭に並ぶよりも一足先に近藤麻理恵さんの『毎日がときめく片づけの魔法』を贈っていただいた。
 本といっしょに同封されていた高橋さんのメッセージによれば、

今回の本の狙いを一言でいうと、
「片づけを通して毎日がときめく暮らしを実現するための本」です。

とのことである。
 確かに「こんまり流の片づけの極意をオールカラーで表現した、完全保存版」で、ページをめくりながら、「ときめく暮らしのコツ」を学べる本であった。
 私は、一冊目の『人生がときめく片づけの魔法』からの愛読者だが、一冊目の説明では衣類のたたみ方がうまくイメージできず、「図解か写真があればいいのに。」と強く思ったことを覚えている。今回の著作では、Tシャツ、長袖、パンツ、スカート、ワンピース、キャミソール、パーカー、靴下とストッキング、ブラジャーとショーツ、ブラトップの片づけ方(たたみ方)が写真入りで紹介されており、一冊目のこの難点を改善している。この点だけでも、買う価値があると思う。
 他にも、「寝室は一日の疲れを癒やすエネルギーの充電基地」とか、「バスルームには一切ものを置かないと決める」とか、「おうちの『ツボ』を押さえると、おうちが健康になる」とか心に残る言葉がたくさんあった。お家の中のツボである玄関・中心・水まわりをきれいにするだけでおうち全体の空気の巡りがよくなってしまうそうだ。特に中心にはゴミを置いてはいけないとのことである。
 個人的には、アリスの絵のエピソードがおもしろかった。(これは買って読んでください。)
 こんまりさんの片づけで一番の売りは、「リバウンドしない」ということと、そのための具体的な片づけ法を提案していることだと思っている。しかも、それが多くの方の実践によって実証されているところがすごい。
 処女作の『人生がときめく片づけの魔法』はミリオンセラーになったので、お読みになった方が多いと思うが、そちらがまだだったらそちらから読まれることをお勧めする。

続きを読む


ホームスティの接待か 仕事優先か 第977号 [L 仕事]

◆リード:「ロシア・A市の子供たち ホストファミリー募集!!~7月12日(金)夕方から14日(日)夕方まで~」というA市交際交流協会のチラシを見たアキコは、「ホストファミリー募集に応募したい。」と言ってきた。ここからわが家のホームスティの物語が始まった。応募から終了までの顛末記その3。
 仕事もしたい(しなければならない)し、ホストファミリーの役割も果たさなくてはならない。どう折り合いをつけるか。

2013.7.20(土) ホームスティの接待か 仕事優先か 第977号
             ー2泊3日のホームステイー

続きを読む


中健次郎直伝「気功実践入門」に参加して 第952号ー職場の対人関係改善のアドバイスー [L 仕事]

◆リード:2月16日(土)、気功家の中健次郎直伝「気功実践入門」セミナーを東京で受けた。もともとjustCD2012年11月号ビッグトークに登場し、その生き方に感銘を受けたので、この方から気功を教わろうと思ってセミナーを受講した。気功の実技講習はもちろんよかったが、間に挟む講話がとてもよかった。私は、職場での対人関係の悩みを相談したのだが、的確なアドバイスを受けることができた。

2013.2.16 中健次郎直伝「気功実践入門」に参加して 第952号

ー職場の対人関係改善のアドバイスー

近況:
 お金と時間を節約したかったので、ヘアーカット千円のCut Factoryを初めて利用してみた。洗髪なし、マッサージなしで、ヘアーカット自体は、十分満足のいくものだった。 なんとかかった時間は10分。「ヘアーカット自体は、本来は時間がかからないものだ」ということが、私はよくわかった。案外本当に必要なサービスは、80対20の法則が成り立ち、全体の20%程度なのではないかと思った。それに10分千円ならば、経営も成り立つというものだ。
 カーブドッチへ行ったついでに、AVEDAでヘアーカットしてもらっていたのだが、これからはCut Factoryにしようと思う。

続きを読む


パーキンソンの法則で仕事の効率アップ 第897号ー7時から9時まではプライベート&ファミリータイムー [L 仕事]

◆リード:前号で、7時から9時までは、原則として仕事は入れず、プライベート&ファミリータイムとしていると書いた。仕事人からは、「仕事(家事)に忙しくてそんな暇はない。」と言われそうである。しかし、こう決めることで、仕事の効率はアップする。それはなぜか。

2012.6.23 パーキンソンの法則で仕事の効率アップ 第897号

ー7時から9時まではプライベート&ファミリータイム……ー

近況:昨日は、給料日後はじめての金曜日であったので、妻と外食デートをした。
 7時20分頃、アキコを二人で少林寺拳法のある体育館に送り、そのまま外食した。
 送りの車の中で、アキコに期末テストの結果を聞いた。国語・数学・理科・社会・英語の平均点は95点を上回るすばらしい結果であった。

私「アキコ、お父さんはテストの結果よりも、健康な体をつくることが大事だと思っているぞ。成績も大事だけど、それよりも7時間睡眠をしっかりと取ってくれよな。 でも、努力が実ってよかったな。」

妻「前よりも、睡眠時間を取るようになったわよ。」

アキコ「(送ってくれて)ありがとう。」

 こう言ってアキコと別れ、妻とレストランへ向かった。

妻「アキコは、努力家よ。」

私「そうかもな。頭自体は、クニコの方がいい。」

妻「4年生の時に、マラソン大会で(1位をねらって毎日練習していたのに)2位になって大泣きしたことがあったじゃない。<アキコが休み時間一生懸命マラソンの練習している間、(1位になった)A子さんは全然練習していなかった。それなのに、何んでA子さんに負けたんだ>ということで泣いたのよ。実は、放課後、A子さんも一生懸命練習していたことがわかって、アキコは納得したんだけど。」

私「なるほど。でも、練習したからといって、必ず勝つわけじゃない。」

妻「運もあるしね。」

私「人生はそもそも不平等なものだろ。大金持ち家に生まれれば、大金持ちの子だし、スタートから不平等なんだよ。だからって、それが不幸とか幸福に直結しないし、与えられた条件の中で、どう生きるか、どう幸せをつかむかのゲームなんだよ。」

妻「そうね、幸せかどうかが大事ね。」……後略。

 こんな会話をしていたら、レストランに着いた。

続きを読む


新任式でのあいさつー一人30秒ー 第803号 [L 仕事]

◆リード:児童数百名足らずの小学校から、児童数約400名の小学校へ転勤した。転勤してきた職員も多く、11名である。新任のあいさつは、ひとり30秒程度だという。どうあいさつしたものか。

2011.4.5 新任式でのあいさつー一人30秒ー 第803号

続きを読む


離任式でのあいさつ 第797号 [L 仕事]

◆リード:6年間在籍した現勤務校から新しい学校へ転勤することになった。離任式でのあいさつをどうしたものか。

2010.3.28 離任式でのあいさつ 第797号

続きを読む


小学校教員のお仕事ーシナリオライター、演出etc.ー第559号 [L 仕事]

◆リード:小学校教員の仕事はたくさんある。国語、算数、理科、社会、生活、音楽、体育、図工、道徳、総合……どれも、きちんと教えられなくてならない。今の時期なら、学級活動として「六年生を送る会」に向けて出し物ー劇、合唱・合奏、ダンスetc.ーを指導しなければならない。

2009.2.11 小学校教員のお仕事 第559号

ー「どろぼうがっこう」(脚本)シナリオ完成ー

続きを読む


nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

あるトップ営業マンの「仕事術」ー「あったか家族ポイント」の着想ー [L 仕事]

◆リード:あるトップ営業マンの話を聞いた。「メッセージ入りの名刺を置いてくる」1ポイントのように、営業活動を得点化し、1日20ポイント達成することを自分に課してきたという。そのアイデアを家族経営に活かせないかと、私は考えた。

2008.6.28 あるトップ営業マンの「仕事術」
ー「あったか家族ポイント」の着想ー

続きを読む


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

相手の話を聞くー仕事に役立つ習慣ー [L 仕事]

◆リード:職場で心がけていることがある。それは、相手の話をしっかりと聞くということである。仕事を中断し、相手に正対して聞くのである。これは仕事を円滑に進めるうえでも、職場での人間関係を良好にする上でも、とても役に立つ習慣だと考えている

2007.5.20 相手の話を聞くー仕事に役立つ習慣ー

続きを読む


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:仕事

絶不調の乗り切り方 [L 仕事]

◆リード:ここ1週間ほど、実は絶不調であった。毎日書いている日記を書くのがおっくうになることから始まって、仕事をする気が失せる。無性に自分を責めたくなる。無性にお金を使いたくなる。食生活が乱れる。整理整頓が乱れる……。周期的に来るこの不調。乗り切り方を考えてみた。

2007.5.14 絶不調の乗り切り方

続きを読む


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(2) 
共通テーマ:育児

特別支援学級介助員として働き始めた妻 [L 仕事]

◆リード:妻が市内A中学校の特別支援学級の介助員になって1週間余りが過ぎた。朝は8時前に中学校に行き、着がえ、子供を出迎える。子供が帰るまでずっと一緒。専業主婦で9年間のブランクもあり、さすがに週末に疲れたようだ。そこで、アキコは……。

2007.4.15 特別支援学級介助員として働き始めた妻

続きを読む


nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:育児

9年ぶりに専業主婦から仕事人へーその3.「面接試験」ー [L 仕事]

◆リード:3月4日の家族会議の結果、専業主婦であった妻は、市の臨時職員募集(特別支援教育の介助員)に応募することにした。履歴書を提出した妻は、面接試験に臨んだ。

2007.4.7 

9年ぶりに専業主婦から仕事人へーその3.「面接試験」ー

続きを読む


nice!(5)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

9年ぶりに専業主婦から仕事人へ(共働き) [L 仕事]

◆リード:この4月から妻が働き始めた。実に9年ぶりである。3月の家族会議から急に動き出したことである。


2007.4.7 9年ぶりに専業主婦から仕事人へ

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

野口嘉則『鏡の法則』を職場での人間関係の改善に生かす! [L 仕事]

◆リード:野口嘉則『鏡の法則』を生活にどう生かしたか?! この法則を使って、職場での人間関係(居心地)や妻との関係がよくなった感じがしている。その生かし方とは!?

2006.9.30 検索HP『家族の広場へ』

野口嘉則『鏡の法則』を職場での人間関係の改善に生かす!

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(2) 
共通テーマ:仕事

岩元貴久『仕事が嫌になった人へ』と仕事への本質的な問い [L 仕事]

◆最新記事もいい! カテゴリーで関心のあるテーマから記事を選んで読んでもいい!

【オススメ記事】あったかい家族日記「NHKスペシャル「好きなものだけ食べたい」に見る現代の食卓とその影響」

2006.6.25 岩元貴久『仕事が嫌になった人へ』と仕事への本質的な問い

~心にしみた言葉14号改訂版~

 岩元貴久著『仕事が嫌になった人へ』(PHP研究所 1,500円)を読んだ。
 出たばかりの本である。

続きを読む


nice!(4)  コメント(25)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

落ち込んだ日 149号 [L 仕事]

◆最新記事もいい! カテゴリーで関心のあるテーマから記事を選んで読んでもいい!

【オススメ記事】あったかい家族日記どうしても仕事に集中できないときは?」 

2006.1.29 落ち込んだ日 149号

 一昨日、昨日とずっと落ち込んでいた。職場で上司から注意されたことがきっかけで……。

 自分ではそんなに悪い対応とは思えないのだが、実際相手はすぐに対応してもらえて喜んで帰ったのだが……。たまたまそばにいてその対応を聞いていた上司に後でその対応時の「言葉遣い」をとがめられた。さらに上の上司に報告されたということがあった。

続きを読む


nice!(5)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

第51号 どうしても仕事に集中できないときは? [L 仕事]

2005.7.17(日)

どうしても仕事に集中できないときは? 第51号

 今日は予期した仕事ができない1日だった。

 やるべき仕事は前の日の寝る前に確認していた。

 起きてすぐにも、やるべき仕事を確認していた。
 
 なのになぜだろう、やる気が起きない。その気になれないのだ。

 書いたブログを必要以上に頻繁にチェックしたり、 横になったり……。

 結局どうしたか?

続きを読む


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事