So-net無料ブログ作成

娘の初デート! [K10 異性関係]

◆リード:アキコ(小3)は、初めてクラスの男の子A君とデート(!?)した。アキコと同じく読書好きのA君に「一緒に図書館に行かないか」と誘われたのだという。アキコは両親(私と妻)に相談の上、「明日2時に図書館で」と約束した。後で聞けば、楽しく図書館で二人で過ごしたようだ。男を見る目、異性との付き合い方、性教育……娘に話さなければならない時が来るのは、意外と早いのかもしれない。

2008.1.21 娘の初デート!

 18日(金)夕食時のことである。

アキコ「A君に明日か明後日、図書館に行かないかって誘われてたんだ。行っていい。」
私「A君って、習字を習いに来ている、同じクラスの子か?」
妻「そうよね。」
私「アキコと同じ、読書好きの子だな。」

 クラス男子トップの読書好きがA君で、女子はアキコである。
 アキコから、「2年生の時の発表会で担任の先生が『(○△番組の主題歌の)□を歌います。』と言ったところ、クラスのほとんど全員が『わーっ』と歓声を上げたのに、A君とアキコだけは、ぽかんとしていた(二人とも本は読むが、その分テレビをほとんど見ないのでわからない)」という逸話を聞いたことがある。

アキコ「A君は、かわいいんだよ。女子みんなにそう言われているんだよ。」

 「う~ん、テレビを見ないで読書好きとはいいな。それに女子みんなにかわいいと言われているのは、いいな。」と、私は率直に思った。「アキコは、図書館で初デートか。」とも。

私「明日か明後日なら、今日中にどちらか決めて電話した方がいいね。明日はアキコは午前中は歯医者だし、明後日は『家族の日』で<母と子の料理教室>だから明日の午後2時頃がいいんじゃないか。」
クニコ「クニコも図書館に行きたい。」
アキコ「ダメだ!クニコも一緒なんて。」
妻「大丈夫、クニコが行くならお母さんが連れて行くから。」

 結局、明日2時に決めて、A君宅へアキコが電話した。

 さて、翌朝。アキコは何やら本を探している。

私「どうしたの?」
アキコ「A君に本を貸してあげようと思って。『星の王子さま』がいいかな。」
私「それこの間買ってあげたばかりの本だろ。まだ読んでないだろ。自分がまず読んで面白かった本を持っていった方がいいよ。 それから必ず名前を書いてから貸してね。」
妻「そうよ。名前を書いておいた方がいいわよ。」
アキコ「うん。」

 結局、妻がアキコとクニコを乗せて車で図書館まで送り届け、そして妻とクニコは二人で1時間ほど過ごしてアキコを残して帰り、アキコは2時間余りA君と一緒に図書館で過ごした。(そうだ。)

 その日の夜、一緒に食事を取りながら、様子を聞いてみた。

私「図書館に行って、どうしてたの?」
アキコ「う~ん、一緒に本を読んでたよ。」

私「そうか。何を読んでいたの?」
アキコ「怪人二十面相のシリーズ。」

私「それから、どうしたの?」
アキコ「それからね、インターネットをしていたんだよ。」
私「インターネットね。インターネットで?」
アキコ「『怪人二十面相』を調べたり、ゲームをしたりしていたんだよ。」
私「ふーん。 それから…。」

アキコ「それから、図書館の2階へ行ってみたんだよ。」
妻「私は、そこでクニコを連れて図書館を出て、買い物に行ったわ。」

アキコ「また、下に来て、『トムとジェリー』を見たんだよ。」
私「えー、懐かしいな。そんな映写会があったんだ。」

アキコ「A君と二人でビデオを借りて見たんだよ。図書館の人は、『君たち兄弟?』と言って、A君のことを指して『君、弟さん。』何て言うんだよ。」
私「アキコがお姉さんだと思われたのか!?(クス) それで二人で見てたんだね。」(図書館ではビデオやDVDをその場で借りて、ヘッドホンを付けて見ることができる。)

 こんな感じで、みんなでデートの様子を聞いていた。私が「初デート楽しかったね。」と言ったら、アキコは少し怒ったように「デートじゃない!」と言っていたが……。

 2時間余りして、買い物を終えた妻が、アキコを図書館に迎えに行った。
 A君は、その後もそのまま図書館に居続けたということだが、アキコは図書館とA君からそれぞれ江戸川乱歩シリーズを借りた。
 そして、何とこの次も一緒に図書館で本を見ようと誘われたらしい。

 以上が、アキコの初デートの顛末である。

 小学校3年生だから、恋愛も結婚も関係ないレベルだと基本的には判断している。
 
 その上でのことだが、私としてはA君に好感を持った。本好きであることや、テレビをほとんど見ないことなど、かなり躾というか生活習慣というかが似ているように感じるのだ。

 ずっと前に妻が「アキコは早く売れる(結婚相手が見つかり結婚する)。」と言ったのを思い出す。困ったことに(?)、確かに異性にもてる気がする。

 男を見る目、異性との付き合い方、性教育……娘に話さなければならない時が来るのは、意外と早いのかもしれない。

 まだまだまだ先のことだが、アキコが出会う男性は、第一に誠実であること。それからアキコを幸せにする(一緒に幸せをつくり出せる)力をもった男性であって欲しい!
 
 「誠実さ」と「幸せをつくり出す力」を持っていること。これが必要条件であり、十分条件であろう。

 くれぐれも、不実な男に迷うことのないように。

【関連記事】あったかい家族日記検索HP『家族の広場へ』

娘と将来、手をつないで歩く人は?

◆キーワード:1 娘の初デート  2 結婚する男性の条件  3 父親の思い

◆留意点・その他:
・ジム・ロジャーズ(国際投資会社クォンタム・ファンドを共同で設立。10年間で4000%を越える驚異的なリターンを実現。37歳で引退。)が、60歳を過ぎて初めて授かった我が子のために書いた本である『娘に贈る12の言葉』を昨年9月9日に読み終えた。(本の後ろに読み終えた日を書くことにしている。)
 「これは投資について学ぶ本である。」というのが当時の感想で、副題に「人生と投資で成功するために」と書いてあるとおりである。本の内容の9割がそうだ。その点で投資について勉強するにはよい本である。
 だが、残りの1割は、「ボクは君に夢中だ」というジムが愛娘向けに書いたものである。
 例えば、次の一節である。

「年頃になると男の子と付き合うことになるだろう。私は男の子については君にいつまでも意見し続けることになるだろう。覚えておくべき基本的なルールは、君が彼らを必要とする以上に彼らは君を必要とするということだ。彼らは死にもの狂いで君を追い求めて数限りない話をするだろうが、彼らの話を無視しなさい。そして、バカげた約束、誉め言葉、おだてが聞こえても、自分自身と自分の良識に忠実であり続けなさい。男の子を追いかけて転校したり、他の町に移り住んだり、仕事を変えたりなどしないように。男の子を君に従わせなさい。常に、君が彼らを必要とする以上に、彼らは君を必要としていることを忘れないでほしい。」(同書25ページより引用)

「上司と食事に出かける健全な理由などないし、ましてや飲みに出かける理由などほとんど存在しない。」(同書107ページより引用)


 父親が娘について心配することは、悪い男に騙されないようにという点など共通しているのかもしれない。

人生と投資で成功するために 娘に贈る12の言葉

人生と投資で成功するために 娘に贈る12の言葉

  • 作者: ジム ロジャーズ
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2007/04/28
  • メディア: 単行本


nice!(11)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

nice! 11

コメント 8

mykaira

初デートが図書館っていいなー、でも娘さんはデートじゃないって言ってるんですか?!私も息子の恋愛について一緒に話すときがくるのかな?でも男の子の場合、やっぱり恋愛とかお父さんと話すほうが話しやすいのかな?私は父には知られたくない派でした。恥ずかしいんですもの(笑)
by mykaira (2008-01-26 06:27) 

とても素敵なお話ですね〜。初デートが図書館か〜。
女の子のお父さんは、やはり手強いですねえ。
うちの息子は大丈夫だろうか???
今からちょっと、ドキドキします。
アキコちゃんとファーザーさんのやりとりが、
リアルでとても楽しかったです。次回はどうなるのかな??
by (2008-01-27 00:56) 

ファーザー

>mykairaさんへ
アキコは「デートじゃない!」と言っていますが、紛れもないデートです。

恋愛ついては、私も父はもちろん母にもぎりぎり×3ぐらいまで秘密にしていましたね。一人一人違うので一般化できませんが、おそらく恋愛について話すときがくるのではないでしょうか。

時期が来たら、父とは関係なく、女としての視点、あるいは母親としての視点で話せばいいと思います。私の場合、思いの外早くそんな時期が来るかもしれません。
by ファーザー (2008-01-30 17:44) 

ファーザー

>qoooさんへ
世の中の乱れ具合を思うと、我が子のことがとても心配です。「チャングムの誓い」のミン・ジョンホのような誠実な相手と結ばれるといいのですが。

次回ですが、この土曜日にまた一緒に図書館に行く予定だったのですね。ですが、A君が高熱を出し、キャンセルとなりました。

でも、また元気になったら約束すると思いますよ。
by ファーザー (2008-01-30 17:49) 

ともれいっち

w(°o°)w おおっ!!
3年生で男の子とデートなんですね。
もう自分のことは考えていないけれど
ちょっと親としてはどう見守るか
ドキドキ・・こちらがこのファーザーさんの
文で本当ドキドキでした(*^▽^*)
でも親として何年後には私も体験するんですよね。
それまでにこちらのほうが
何をいわれてもどうじないように
しないといけませんね。
by ともれいっち (2008-01-31 14:47) 

ファーザー

>ともれいっちさん
そうですね。

まだ、小学校3年生だからいいようなものの、これが高学年ならちょっと心配です。

サントリーウイスキーのコピーに「娘が帰ってこない夜に」というのが確かありましたが、いつかはそんなことがあるのでしょうね。

アキコの場合、今年は金銭教育をメインにしようと考えているのですが、それが一通り終わると、次は性教育になるのかもしれません。子育て暇なしという感じです(笑)。
by ファーザー (2008-02-03 15:23) 

ツカモト

素敵な初デートですね♪ うちの娘もアキコちゃんみたいに素敵な初デートをしてくれるといいんですけど。
アキコちゃんは温かい家庭で育ち、素敵なパパを見慣れているので、年頃になってもちゃんと素敵な人を選びそう~♪とか思っちゃいました。
by ツカモト (2008-02-12 02:35) 

ファーザー

>金魚草さんへ
本当に素敵なというか誠実な男性と出会えるといいです。

配偶者の善し悪しは、家庭の幸せに直結するので、よき縁を心底願っています。
by ファーザー (2008-02-12 17:48) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0